無法地帯の教室を抑えるには金の力。金を得るにはギャンブルが近道

無法地帯と化した教室では何が起きるのか 20XX年、体罰が全面禁止された「仮面ティーチャー」の世界では、教室が荒れに荒れます。 授業の放棄、校内での乱闘騒ぎ、タバコ、不純異性交遊など、なんでもござれ。 ここまで来ると、もう悪循環で、教師たちも何から手を付けたら良いのか分からない状態になります。 「割れ窓理論」がありますが、その通り、問題は小さいうちに解決しなければ非常に面倒臭いことになりますが、一度こうなってしまった以上はドラスティックな解決策が必要となります。 仮面ティーチャーは力で教室を抑えるが、暴力はやっぱり良くない 「仮面ティーチャー」では、その解決策を「力」に頼ります。 具体的には、政府が認定した一定人数の特別な教師が「仮面ティーチャー」として学校に派遣されますが、彼ら「仮面ティーチャー」は生徒に対して実力行使が許可されています。 つまり、不良生徒に対して力で「指導」ができるわけです。 当然、「仮面ティーチャー」は肉体的にも優れた人物が選ばれるため、派遣された学校では劇的な効果を上げますが、一方で生徒の側からすると「暴力の圧政」を強いられるわけで、日々不満は溜まっていくという副作用があります。 くわえて、そもそも社会生活を学ぶ場所である学校で暴力を行使するのはどうなのか、という根本的な疑問もあるため、長い目でみると暴力は問題を解決しません。 暴力以外の平和的な解決方法が金である とはいえ、「暴力はよくない」とか「礼儀正しく生活しよう」と言っても、解決は難しいでしょう。 現実的ではないからです。 そこで、暴力を使わず、かつ現実的な解決策といえるのが「金」です。 なぜなら、日本にいるほとんどの人が日々生きるためにお金を稼ぐように、間接的な行動の強制力があるからです。 暴力が発生するのは、誰かに対して何かを使役させたいからです。 つまり、ある程度の強制力を備える手段さえあれば、多くの暴力は未然に防げますし、その手段こそが金です。 金は労働で生み出されるが、労働は時間がかかる しかし、ここで問題が1つ発生します。 金を生み出すには働く必要があるものの、労働するには時間を要し、それに対して費やせる時間も物理的な限界があるということです。 つまり、人が労働によって稼げる金額というのは、かなりの制限を伴い、場合によっては効率が悪くなってしまうこともあります。 これでは、不良生徒を黙らせ、仮面ティーチャー不要の教室を作ることができません。 ギャンブルで一攫千金を狙おう この解決策はギャンブルです。 運が良ければ、当然リスクはあるものの、1時間で1ヶ月分の給与を稼ぐことも不可能ではありません。 また、そこまで大勝ちしなくても、良いゲームと確率論を駆使すれば、長期で見たらプラスのゲームにしたり、効率的に稼いだりすることも可能です。 効率的に稼ぐならオンラインカジノ 「良いゲーム」はどこにあるのか? その答えこそがオンラインカジノです。 高い還元率 他のギャンブルだと、還元率 (投下した金額から経営主体が手数料として引いた残りの金額) が50~70%と低いことが多いのですが、オンラインカジノだと軒並み95%程度と高くなっています。 そのため、「コスパの良いギャンブル」が可能です。  オンラインカジノには、入金不要ボーナスが付くことが多い 初回登録時にはオンラインカジノの入金不要ボーナスがあるケースが多いので、(やり方は考える必要がありますが)高い確率と効率で資金を増やせるからです。 入金不要ボーナスとは、初回登録時や特別なコードを入力してボーナスとして付与されるお金のことです。 一般的な、20-40ドル程度付与されることが多いです。 通常、店舗型カジノやパチンコ、麻雀だと初回でもお金を用意して入金(またはベッド)する必要があるため、始めるのにハードルは少し高くなってしまいます。 しかし、オンラインカジノなら上記の通り最初は入金不要なので、気軽に試すことができます。 試行錯誤して慣れた後、店舗で実際にカジノをやり、名声も得る……となると、学校では色んな意味で伝説になるかもしれませんね! オンラインカジノで稼いだ金で、不良生徒を札束で殴ろう オンラインカジノでうまくお金を稼げたら、もう仮面ティーチャーのように力を駆使して生徒を言い聞かさせる必要はありませんね。 いわゆる「話し合いで平和に解決」できるわけです。 … 続きを読む無法地帯の教室を抑えるには金の力。金を得るにはギャンブルが近道