主人公とオンラインカジノの親和性

劇場版仮面ティーチャーはドラマで放映されて人気を博した仮面ティーチャーの映画版です。監督はドラマ版でもメガホンをとった守屋健太郎氏。ストレートなヒーローものを撮りたかったという言葉のとおり、大切なものを守るために苦悩しつつ戦う正義のヒーローの姿が丁寧に描かれます。特筆すべきはアクションシーン。本監督のこの作品に関するこだわりは並々ならぬものがあり、それは随所にあらわれているのですが、アクションシーンに関してはまた格別なこだわりを感じます。CGを一切排し、実写のみで臨んだ迫力のアクションシーンはまさに必見の出来栄え。シンプルでわかりやすいストーリーは誰でも共感できるため、家族で見ても友達とみても、恋人とのデートにもおすすめできます。あらすじは以下のようになっています。 教師が一切の体罰や指導を禁じられてしまい、全国の学校が荒れ果ててしまった近未来。政府から特別に許されて生徒を構成するために鉄拳制裁をすることを許された仮面ティーチャーは教育の現場における一縷の望みとなっていました。ですが主人公の荒木剛太(藤ヶ谷太輔)は、仮面ティーチャーとして鉄拳をふるうことに疑問を持つようになり、鉄拳ではなく心で生徒たちと向き合おうとするようになりました。ある日、剛太の職場である華空学院に、剛太の高校時代の恩師である羅門公平(遠藤憲一)が赴任してくるところから物語の展開がはじまります。羅門は剛太にとってはかつての恩師。やけをになって学校を退学しようとしていた剛太を更生させたことがあるのです。羅門はいつも生徒たちの教育に情熱を注いでいましたが、今は力で生徒を従わせるようになってしまっていました。かつての羅門に戻ってもらいたい、その一心で剛太は羅門との戦いを決意します。 剛太の一本気な性格とオンラインカジノの親和性 管理人がこの作品を見て感じたことは、まず作品そのもののシンプルな面白さと主人公、剛太のストレートな性格です。難しい伏線や、わかりづらい心理描写などもあまりなく、誰でもすっと気軽に楽しむことができる爽快な作品だと感じます。そして、極めつけが剛太の男らしくぶれないまっすぐな気質です。まさにヒーローかくあるべしといえる気持ちの良い男なのですが、この好青年の作中での描写を見ればみるほど、管理人が今夢中になっているオンラインカジノを剛太がプレイしたらどうなるだろう、という想像がとまりません。オンラインカジノはギャンブルではありますが、真剣に学びながらプレイすると勝率はかなり上がります。特にギャンブル還元率という要素があり、それについて学ぶことは勝率を上げるために非常に重要です。剛太のように一本気でまじめな性格で、真剣にオンラインカジノに向き合って学びながらプレイをすれば、きっと素晴らしいプレイヤーになるはずです。ギャンブル還元率について学ぶことは勝利への近道です。彼ならきっとすぐに深めることができるでしょう。 舞台となっている教育の現場はおそらくストレスの多い職場だと推察されます。そのような職場でストレスにさらされている剛太は、おそらくストレス解消にオンラインカジノにのめりこむのではないかと思うのです。ギャンブルというと大概は自堕落であったり、自制が効かない人間がするものだと思われがちですが、実際にはまるのはどちらかというとまじめな人間が多いように思います。そして、そういう人間がギャンブルをする場合、それは決して悪いことなどではなく、むしろほどよいストレス解消ツールや適度な娯楽としてうまく機能すると思われます。作中の登場人物たちがオンラインカジノで楽しんでいる様子を一人夢想していると、なぜだかワクワクしてきてしまいます。